読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

momototuba’s diary

家族のそれぞれの役割と責任を考える.夫婦のあり方、親子の責任などを考えます

ガンになった-その5 保険に入っていて良かった

ガンになった

Fall in Eyez

保険に入っていて良かった。

ガンになる2年ほど前にそれまでのリフォーム業を廃業しました。いろんなことが重なり廃業までは苦しい日々でした。そのストレスが(他にも原因はありましたが)癌の原因かと思っています。6名ほどいた職人さんにはどれぞれ独立の道を探してもらいました。みんな独立してさらに弟子をとっている人もいますので良かったと思いました。

その後私たち夫婦はネットショッピングを行なうことにして、お店を持ちました。立ち上げ当初ですから、何をどうしてよいかも分からずに老夫婦がモタモタしている内に借金が累積100万円ほどになっていました。これはほとんど生活費です。つまり売り上げがあまりに少ないために売り上げた代金が毎月の生活費に充当して、仕入れ先に支払っていなかっただけです。支払えなかったのです。

それでも先に現金でお金を頂きますので、何とか自転車操業で走っていたのです。

廃業した時にはたくさんの保険に入っていました。もちろんがん保険、生命保険、リフォーム保険、工事労災保険などなど、毎年の保険料は数十万円です。

廃業と同時にすべての保険を解約して身軽にしました。4台あった工事用の車などもみな処分しました。当然がん保険も解約するつもりでしたが、これだけは契約が別会社でして個人の保険やさんで契約していました。

私の性格上の問題ですが、優柔不断で電話をしそびれている内に今回の癌が発症しました。そこで考えました。これは借金を返すためのプレゼントに違いない。そうであればきっと上皮内新生物であること、たいした重症ではないこと、入院しても退院後は普通通りの生活ができるであろう事などを想定しました。

 

その通りでした。癌はステージ1-A ごくごく超初期。早期発見でした。まだまだ癌になって数週間かなといった感じでしたがしっかりと上皮内でした。上皮癌でしたら保険が出ません。癌になるだけ損な癌です。私の癌は親孝行な癌ですね。

ステージ1-Aはこれもまた非常に珍しく。滅多にこの段階の癌が発見されることはありません。

お陰様で術後、100万円のお金が振り込まれてきました。手術は4時間ほどになりましたが順調でした。出血量はなんと100㏄にもならないほどだったそうで、周囲からはやっぱり血も涙もない男だったことが証明されたなどと言われました。

 

その後の食事が大変でした。ではまた次回

保険はしっかり入っていた方が良いです。

 

生命保険 相談

 

お金の失敗を防ぐには?