読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

momototuba’s diary

家族のそれぞれの役割と責任を考える.夫婦のあり方、親子の責任などを考えます

身に着けたい特質-その2 謙遜ーへりくだる。人の下に立つ

*-*-*-*-*-*- コ ラ ム *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*--*-*-*-*-

 身に着けたい特質-その2 謙遜ーへりくだる。人の下に立つ

 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*--*-*-*--

 

謙遜、謙譲、謙虚、慎み深い、など似たような特質です。

 

謙遜―へりくだること。控え目な態度をとること。そのさま。

謙虚―「控え目で素直なこと」、「謙遜で心にわだかまりのないこと」

 

宗教用語です・・・

宗教的な意味での謙遜は単に「へりくだる」ことだけではなく、

神への絶対信頼。

神を喜ばせたいと言う思い。その思いでする行動。

キリスト教では「自分の罪を自覚し、高ぶった思いを捨て、

自分をもっとも低い者とみなす心の持ち方」。

 

イエスが称賛した〈こころの貧しい人〉

または〈悲しんでいる人〉とは、へりくだった心の人のことである。

彼らは神への信頼に生きている」(『キリスト教大事典』)

 

なんだか重々しい言葉のようですが。

では日頃の生活の中でどのように役立つのでしょうか。

 

 

■子供は謙遜

一般に幼い子供は自慢しません。思いあがることはなく

大人の意見に素直に従いますので、謙遜な様子を示しています。

 

子供から学べます。

 

経験によって低められ,謙虚にさせられることによって

謙遜を学ぶこともあります。

素直な思いです。

謙遜の反対語は傲慢です。

 

どれほどの差があるかは明白です。

傲慢な人は生き方を誤る可能性が非常に高く、

人との関係も悪いものです。

その反対に謙遜は人からの信頼を勝ち得ます。

 

謙遜な人は人の過ちを快く許すことが出来ます。

いつも人の下に立つからです。

逆境や災難が臨むとき,謙遜さがあれば人は踏みこたえて

忍耐する助けになります。

 

そんな時に人の本質があらわになります。

謙遜な人は、人を押しのけて自分だけが助かろうとはしません。

商品を買い占めたり、いち早く逃げたりもしません。

 

「自分の目から見て思慮深い者となってはなりません」と

言う聖書の言葉があります。

思慮深さは間違ってはいませんが、自分を賢いと考えたり、

自分の考えは人より思慮深いと思う思い上がりを戒めています。

人の目から見て「あの人は思慮深い人だ」と見られたいですね。

 

 

■見せかけの謙遜さ

 

日本人は世界の他の国と比べても、比較的控えめですから謙遜だと思います。

しかし、日本人特有のこんなシーンがあります。

 

町内の集まりなどで個人宅にみんなが集まります。

少し早めに行くと「後から来る人のために前から詰めて座ってください」

と言われます。

中には「私のような者はそんな上座には座れません。」と言って、

入口付近の廊下に座る方がいます。

謙遜でへりくだって人より自分を低めているように一見見えますが、

そんなところに座ったら、かえって後から来る人の邪魔になることに

気が付いていません。

結局、自分のことしか考えられない自己中心の人です。

 

また宗教家の中には苦行をすることで多くの徳を積み、

素晴らしい精神を培えるとして、

自分の身を厳しく扱う事を好ましく思い、

そういう苦行を行なう人もいますが、

 

聖書の中にはコロサイ 2: 23でこう述べています

「 いかにもそうした事柄は,自ら課した崇拝の方式と見せかけの謙遜,

すなわち体を厳しく扱うことにおいて,知恵の外見を有してはいますが,

肉の満足と闘う点では何の価値もありません。」

 

偽りの謙遜は,実際のところ人のうちにごう慢さを育てる結果になりかねません。

 

その人は,自分の功績によって義にかなっていると考えがちだからです。

自分の目標を達成しつつあると感じるかもしれません。

人からの賞賛を得ることは出来るかもしれません。

しかしそれ以上のものではありません。

 

 

■問題の解決に役立てる

 

友人やご近所の人の間で不和や誤解が生じることがあるかも知れません。

一方の側には,他方に苦情を述べる正当な理由があると思います。

そのような状況では,かなり深刻な状況も想定できます。

 

次のような考えが出来ればそれによって解決できます。

「だれかに対して不満の理由がある場合でも,

引き続き互いに忍び、互いに惜しみなく許し合いなさい。」

確かに,この忠告に従うことは容易ではありませんが,

謙遜であれば実践しやすくなるでしょう。

 

まずは許す、もしくは問題にしない事です。

それほど深刻に扱う必要があるのでしょうか。

自分がそこで一歩下がれば何の問題にもならない場合もあります。

 

その思いが謙遜です。

 

時には,正当な苦情の理由があって,それがあまりにも重大なため,

問題にせずに済ませるわけにはいかない」と考える事もあります。

 

そのような時に、謙遜であれば,

「平和を取り戻す」という意図で相手に近づくことができます。

良い方向に問題が解決しない場合,

その理由の一つは,片方もしくは恐らく双方が,

プライドが高すぎて自分の落ち度を認めようとしない、

相手を許さないと決め込んでいることにありませんか。

 

あるいは,こちらから近づいたとしても,自分の正しさや利を主張して、

相手を批判する態度で話すことにあるのかもしれません。

 

それとは対照的に,本当に謙遜であれば,大抵の不和は首尾よく解消できます。

 

では、もっと大きな損害が生じるとか多額の保証金、

損害賠償などを請求される場合はどうでしょうか。

裁判などでとことん戦う必要があるのでしょうか。

謙遜な人であればどうするでしょうか。

 

今日,多くの人は,自分の権利にこだわり,

他の人の権利を侵害することになっても自分の権利を主張します。

そのような人と争うのは時間とお金と精神的な負担を考えると

そちらの損害の方が大きいと言えます。

 

また、人からの評判、評価と言う点でも本当の意味の思慮深い人に

なりたいものです。

 

あなたから利息なしで借りようとする者に背を向けてはなりません。

 

一方のほほを打つ者には,他のほほをも差し出しなさい。

 

互いに訴え合うことが、すでにあなたがたの敗北です。

なぜ、むしろ不正をも甘んじて受けないのですか。

なぜ、むしろだまされていないのですか。

 

本当に謙遜な人たちの中では法律も裁判所も弁護士も必要ではなくなるのです。

本当に素晴らしい特質だと思いませんか。

謙遜さは自己主張を差し控える時に示される特質です。

当然の権利でさえ譲ることが出来ます。

権限の行使も控えめに行うことで人との平和に貢献します。

結果多くの人から信頼され人になります。

そちらの方がはるかに価値のあるもの

ではないでしょうか。

 

次回は 善良 です。

お楽しみに ももとつば

 

 

 

━[PR]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

http://j.mp/2fIvETY

e店屋.com 節約・節電110番

 

 

http://j.mp/2fIwaB7

【超お勧め】軽自動車用 加速改善装置 

マキシマムドライブ エキストラ プラス エンジンオイル油膜保護と加速アシストに貢献の「オイール」と「オイール2」250ccをプレゼント

 

 

http://j.mp/2eMa5Nr

(有)ブリッジカンパニー エンジンオイル添加剤【オイール】燃費の改善と向上に効果を発揮 非ニュートン流体の特性を持つ炭化水素(HC)を主成分(250cc)

 

━[PR]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━